子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか

教育ローンを探す時はインターネットから、いろんな情報サイトで教育ローンを調べることは多いですね。
ENTRY

教育ローンの情報サイトの罠に注意しておこう

子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか 教育ローンを探す時はインターネットから、いろんな情報サイトで教育ローンを調べることは多いですね。この時に情報サイトによっては、消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンへ誘導するようなサイトに出会うことがあります。まず、基本知識としては教育ローンとしてキャッシングやカードローンを活用することは可能であり、これは間違った選択というわけでもありません。人によってはこれらの商品から教育費を調達する方が便利なケースは確かにあります。しかし、キャッシングやカードローンの金利を見ると分かりますが、下限金利は低いものの、上限金利は18%など、かなり高い金利になっていますね。ここが罠です。

キャッシングやカードローンの下限金利は、低金利な業者だと5%前後なので、大体教育ローンの金利と同じような相場です。しかし、キャッシングやカードローンでそうした低金利を採用されることはまずありません。100万や200万円を借入する場合でも、10%前後の利率が採用されたら上出来です。人によっては15%ほどで借入することもありますし、100万円以下の金額を借りる場合は18%の利率が主流です。しっかりと教育ローンとキャッシングやカードローンの金利を比較して把握しましょう。