子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか

現代の日本は、沢山の学校や専門のスクールがあり、学費があればそれなりに、好きな進路を選ぶことが出来ます。
ENTRY

教育が、世の中を変えます。

子供を育てるうえでいかに教育して成長させるか 現代の日本は、沢山の学校や専門のスクールがあり、学費があればそれなりに、好きな進路を選ぶことが出来ます。しかし、より、専門的になった教育によって、偏った人間性を形成してしまう恐れを含んでいます。多様化する現代であっても、私達は人間であることに変わりはありません。自分の考え方や行動を基準として、他人を評価することはあってはなりません。他者をきちんと受け入れて、協力して生きることで、将来が良いものになっていきます。

また、教育を受ける側も教える側も、ストレスの無いように工夫する必要があります。知識ばかりが優先すると、理解力の無い人に対して強く出る人が現れますが、それでは、何のために学んでいるのか分からなくなります。全てを効率良くシステム化することで、人間の感情に弊害が現れると言うことを理解した上で、行動出来るように、人格を形成する必要があります。

教育は、生きるためには必要なことですが、決して他者を迫害したり支配したりするために、学ぶものではありません。より、発展的に協力しあって生きることが、出来るための知恵でなくてはなりません。正しい創造性を身に付けることで、人間らしい確かな人格を持つことが出来ます。